ハジメテの音楽

そもそも俺は何故、音楽なんかにのめり込んでしまったのか、ふと、深く振り返ってみようと思う

f:id:ishit_ry:20221116182057j:image

 

まあ、当時小学生だった俺にとっては、音楽というのは付属品に過ぎず、車で流れる曲、テレビで流れる曲、そして、ニコニコ動画で特定の動画を観れば聴ける、うごくメモ帳で特定の作品を観れば聴ける、という感じだった、つまるところ、音楽自体、それにはあんまし興味が無かった訳。

そして、ハジメテCDと出会ったのは、それこそ、うごくメモ帳がキッカケだった、僕は当時趣味があって、それは"棒人間バトルを描く事"だった訳で有る、意味不明な人は意味不明だと思うが、小小作品とも云われ、兎に角、棒状の人が戦う激アツコンテンツだったのだ、俺はそれが大好きだった、好き過ぎたから自分でも描いたって感じ、それをうごメモはてなっつー、動画投稿サイトみたいな所に投稿しまくっていた、割とバンドを組んだ経緯と近しいのかもしれない、大事な二要素、俺にでも出来る、と、名声を得られる、が有ったから

 

そうそう、出会ったのはCD、棒人間バトルにはBGMが必須だった、戦闘っぽくて格好良い感じ、激しくて雄々しい感じ、それを何処となく求めていたけれど、そもそも音楽は付属品で有り、何処で、それ自体、をディグるのか知る術が無かった。

そして俺が頼ったのは母親、そして偶然にも母親は音楽が超好きだった訳だ、そんな素振り見せて来なかった(見せてたんだろうけど気付かなかった)から凄く驚いたが、母親の所有する戸棚からは大量のロックCDが登場、ひとまず聴いてみようかっつー事で、PS2にCDを読み込ませた、意図的では無かったがここで俺はハジメテ、ロックミュージック、CD、CDプレーヤー(ゲーム機だけど)に出会った訳で有る

 

その瞬間に限っては正直余り興味が出なかったが、母親はどれが好き!?と今までに無い興奮っぷり、俺はその時たまたまアメトーーク!で聴いた事が有る曲が入ってたザ・ナックのアルバムと、エアロスミスのアルバム、MR.BIGAC/DCをチョイス、その辺を確か当時持たされていたMP3プレーヤー(ボカロ曲とかアニソンを適当に入れまくってた)に入れてもらって、意図せず聴いていた、因みに、棒人間バトルにはメタリカを使った(曲は忘れた)と思う

 

それから暫く経って、俺はいつも通りうごメモはてなで棒人間バトルを観ていると、とある楽曲を発見、当時の俺はどうすれば曲を聴けるか知っていたから、祖母のPCでYahoo!を開き、「おしゃかしゃま」と検索した。

衝撃だった、ヤバい!となり、死ぬ程聴きまくったが、残念な事に、バンドという概念を知らな過ぎるので、「おしゃかしゃま」だけひたすらに聴いていたと思う、MP3プレーヤーに一曲だけ増えた

 

そして、次の出会いはアニメ、ソウルイーターの再放送ver.が始まったのだが、そのOP曲がヤバかった、「カウンターアイデンティティ(神に背く)」である、そう、皆様ご存じ俺が大好きなユニゾンスクエアガーデンとの出会いである。

だが、この段階ではまだバンドの概念は俺に無い、その曲が大好き程度で終わっていたのだが、その後、タイガー&バニーが始まった

 

オーリオンをなーぞるー♪つったら分かるだろうが、そう、またユニゾンの曲にハマったのである、俺は流石に気付いた、「ソウルイーターリピートショーのOPと声が一緒だが…!?」急いで母親に確認すると、そんなことも知らんのかいと言った具合に、バンドの概念を教えてくれた。

そして俺は小5にして、遂に、ようやく、本当に、ロックバンドと出会う訳で有る

 

母親は重ねて「CDはTSUTAYAに行けば死ぬ程有る、同じバンドの曲も多分沢山種類がある」と俺が無知過ぎて分からないなりに一生懸命分かりやすく伝えてくれた、俺はもう、チートじゃん!とすら思った、え、いいの!?とすら。

だって、こんなに良い感じの曲が、ユニゾンの曲が(当時は二曲しか知らん為全部同じ感じで全部俺好みだと思っていた)TSUTAYAに行けば大量に!?幸せすぎるよ〜〜〜〜〜って感じ、すぐさま10枚千円セールに便乗して借りまくる事に決定

 

すると、足りない、当時はシングル含めてもユニゾンだけじゃ10枚も無かった、俺は物凄く悩み、悩み果てた結果思い出す、「おしゃかしゃま」を。

待てよ、おしゃかしゃま、あるんじゃないか?おしゃかしゃまってバンド有るのか?と"お"の辺りを確認しても存在しない、当時俺は恥ずかしげも無く、店員さんに「おしゃかしゃま」有りますか?と聞いてしまった、我慢出来なかったんだろう

 

店員ははっ!とした顔で(正直覚えてないけど)、RADWIMPSですか?と聞いてきたが、俺は意味がわからない、らっどうぃんぷす?は?おしゃかしゃまだが?みたいな感じだったが、新譜出てますよ!と重ねて言われ、余計混乱したまま案内されてしまう羽目に、棚には当時新譜だった「絶体絶命」と「アルトコロニーの定理」が有った。

俺はよく分からなかったが、聴けるなら良いや、と勧められるままに、あとは、どうやら説明を観る限り俺向けっぽいアジカン(多分ソルファ)とエルレ(確かベスト盤)を借りる事にして、ようやく10枚に辿り着き、帰路に着く事に

 

家に帰宅するやいなや、母親に頼み、PCからMP3プレーヤーに入れてもらい、ワクワク、TSUTAYAでついでに買ったグミホンなるイヤホンを耳に付けると、本当に世界が広がった。

思っていたのと違う部分は勿論有ったが、コレが音楽か、コレがバンドか!となり、そのままどうやらライブなるコンサートがあるらしい事を聞き、RADWIMPSのライブに行った、さいたまスーパーアリーナだったと思う、それこそ絶体絶命ツアー(確かタイトルは絶対延命)だったんだろう、アンコールの際に皆んなで「もしも」を歌う件は正直引いたが、知ってる曲が来る度俺は楽しかった、素直に

 

そのあと何やかんやあって、Nirvanaのネバーマインド(確か母親が持っていたがお勧めして来なくて、逆に気になった)と出会い、神聖かまってちゃん(同級生が教えてくれた)と出会い、俺はもう、気付いたら音楽狂いになっていた。

中学から高校へ、どれもこれも母親キッカケだが、急にギターを買ってきたのも母親で、流れで軽音楽部に入ると、ヴァンヘイレンを弾いている神崎に出会うなど、まあ、運命的ではあった、そのあと神崎と二人でユニゾンのライブに行くのは後の話…

 

やれ売れ線だ、セルアウトだ、言われる世の中では有るけれど、俺は当時の俺に出会って欲しくて音楽をやっているのかもしれない。

ピロウズスケットダンスから知ったし、バンプは面白フラッシュで知った、要は、ディグらなくても出会える存在に成りたいんだろう、その為には、ディグって僕らを見つけてくれた貴方の力が必要だし、どうしても借りなきゃならない

 

最近ならTikTokでも良いんだろう、なんだって良い、僕らから視野が広がって音楽を好きになってくれたら凄く嬉しいって話だ、だから俺はルーツの話を絶やさないし、音楽は常に聴いていたい、方法が分からずしても、俺の話さえ聞いとけばキッカケに成り得るよう、良いモノを見つける審美眼は常に。

そこからCDを買ったり、ライブに行くようになったら嬉しい、既に見つけてくれた貴方には常に楽しく興味深い存在で在りたい、懐に居たい、こういう話をする際のどこかで登場するようなバンドになりたい、その上、恥ずかしく無いバンドで居たい、だからこそ、常に格好良く居たい

 

既に僕らを知ってくれている貴方はとっても格好良い、僕には母親が居てロックを知ったし、日雇いバイト先のJPSを吸っている兄さんがザ・ヴァインズとザ・ミュージックを教えてくれたんだ。

こんなのも好きなんじゃ無い?ってのに、僕らが居れたら、僕は何よりなのかもしれない

 

とあるお客さんが、僕らと出会って欲しくて、C CaseのバンドTを着て電車に乗っていると言っていた、もう既にしてくれてたんだね。

もっと広がるよう、もっと恥ずかしく無いよう、日々生きて、格好良い石ツ瞭斗に、格好良いバンドに、そういう風に尽力します

 

ふと、思っただけです