おはよう僕らの腐った人生

最近改めて、自らの人生を見つめ直している

f:id:ishit_ry:20220805070702j:image

 

基本的なルーティンは全く無い、毎日違う時間に起きて、違う事をしている、バイトもしているが、毎週違う日程に出勤してるし、今度始める徘徊のバイトもそうなりそうだ。

例えば昨日は、完全に一日中寝ていた、20時間くらいは寝ていたと思う、我ながら不気味で仕方ない、因みに一昨日は24時間くらい起き続けていた(特に忙しい訳では無い)、正しく言えば、いつが昨日で今日が明日、今現在いつなのかすらわからなくなってきている

 

決めなきゃイケ無い事、諸々の支払い、作詞作曲、スケジュールの制作、色々有るが、いつやっているのか自分でも把握していない、手始めにお金が無く、あんまり家から出ていない。

最近はゲームにハマっている、モンハンなんかは特に良くやっていて、Switchを買うお金は無いから、何故か持っているPS4でやっている、友達も居ないし基本ソロだが、そういやこの前は椿が手伝ってくれた、飽きたらぷよぷよの"かちぬき"をやって、それにも飽きたら漫画とかを読んだりする、たまに本も読む、在宅ワークが有るならヤリたいけど、良さそうなのが分からない、一応MOSExcelもWordも持っているが、どちらもまともに使えない、正直タイピングがちょっと早いくらいだ

 

完全に、腐り切っている

 

ステージに立つ事が少なくなると、俺はすぐこうなる、生きている実感を失くす。

もしかしたら、ライブを観る人もそうなのかもしれない、せめてもの音源やラジオで食い繋ぐが、それも長くは持たず、やはり生で実感する必要があるのかもしれない、もしかしたらではなく、結構な割合でそうなんだろうと思う

 

今月は後半に2本ライブがあるが、前半は全く無い、故に予約は結構来ていて嬉しいが、待ち遠しいと言う声もチラホラ、俺はちゃんとそれを返せているのだろうか、供給って言い方は好きじゃ無いが、ちゃんと意味を成せているのだろうか。

ライブは大抵、せいぜい30分かそこらだ、俺は最近物販に立たないから終演後の様子もあまり分からないが、結構賑わっているみたいだ、しかして、本当にその瞬間しか味わえないらしい

 

そこで俺は思い付いた、物販に一部100円とかでZINEを置いてみるのはどうだろうか、と。

実際お金が無いから、物販を短いスパンで出す事はあまり出来ないし、さして価値の無い文字等の集合体を2P程度で売り付けたらどうなんだろうか、試しにやってみるか、NEW LINK!辺りで、毎ライブというか、何月号という体で

 

なんて事を考えて、実際にやるかどうかは分からない、ただ、そうやってライブ一本の意味を強く持たせるのも一つの考えだ、意味が無さそうだったらやらないし、それで良い、捨てたって良い。

僕らの人生は相変わらず腐り切っているが、そこそここうやって生きるのも楽しい、不安でもある

 

いつかのために、配牌の悪い運命を食い繋ぐのだ